シニア世代が多い七日町通り観光

シニア世代が多い七日町通り観光

先日福島応援旅行ということで、会津若松の七日町通りに行ってきました。

会津若松市の七日町通りは、昭和の懐かしい雰囲気のある通りで、そこを散策する観光スタイルになります。
どんなおみせがあるかは、こちらの公式サイトで調べることができます。
http://www.nanukamachi.com/
Googleのストリートビューを見ることもできるので、街の雰囲気がどんなものか感じることができます。

七日町通りのお客さんの層は、偏りがない印象でした。

若い人もいますし、中高年のシニア世代の方も多く観光していました。
七日町通りはシニア世代の方にもおすすめの観光地です。

例えば、建物の中には昭和の雰囲気のある建物も多くあります。
きっと小さい頃見たような景色を見ることができるでしょう。

さらに昭和の雑貨やグッズを扱うお店もあります。
なつかしの雑貨を見つけることもできるでしょう。

また、骨董品屋も何件か存在します。
骨董好きの中高年の方には喜ばれるでしょう。

シニア世代の方の不安要素は、長い間歩かなければならない心配があるかもしれません。
七日町通りにはバスが走っています。
これらの周遊バスはバリアフリー化されていますので、中高年のシニア世代にも安心して利用することができます。

またそれぞれのお店や、コンビニなどもありますからトイレの心配もありません。

自家用車でいく場合にも、上記のサイトなぬかまち.comで駐車場を検索できます。

以前会津若松市に観光に来たときは、七日町通りは普通のしなびた(失礼!)通りでした。
しかし今はオサレな通りに変身しています。

きっと街の方々はかなりの努力をしておられるのでしょう。
普通の商店街を観光地に育てるのはかなりの労力を要したことでしょう。

大きな目玉となる施設を育てるより、街全体を観光地化してしまうというのは最近の時流に乗った方法だったのかもしれません。

さらに、もし大きな施設で集客できなくなってしまうなら、観光地全体に大きなダメージを受けることになります。
しかし商店街の一件が集客できなくなっても、観光地全体のダメージは少なくてすみます。
このようにリスクを少なくするという面からでも良い選択だったのではないでしょうか。

しかし商店街全体をまとめるというのはかなり大変そうです。
よほど指導力のある方や老舗の発言力のある方などがいらっしゃるのかもしれません。

商店街の企画力や指導力を見るには良い実例なのかもしれません。

このような点でも、中高年のシニア世代にもおすすめな会津若松七日町通りの観光でした。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ