レグナムEA1Wの4G93エンジン

レグナムEA1Wの4G93エンジン

本日入庫してきたお客様のレグナム。

レグナムは三菱が発売したワゴンタイプの車です。

レグナムのグレードの一つにGDIエンジンの設定されたグレードがあります。
GDIエンジンは、エンジンの中に直接燃料を噴射する直噴エンジンを採用していました。
そして、エンジンの回転数やギヤの状況により、細かく制御を入れることで超希薄燃焼を可能にしたエンジンです。

このGDIエンジンの特徴は、なんといっても低燃費であるということです。
細かい制御により、燃料を少なくても効率良く燃焼するように設計されていました。

しかしその一方で、超希薄燃焼のためにエンジン内部の温度があまり上がらないようになります、
エンジン内部の温度が上がらないと、カーボンが燃えきらずに徐々に蓄積されていき、さらに燃焼しにくくなる場合がありました。

その場合、エンジンのフラッシングを行います。
エンジンのフラッシング液は様々なメーカーから発売されています。
例えばKUREのエンジンフラッシングなどはホームセンターでも売っています。

しかしGDIのエンジンフラッシング液は、それに最適化されたものが三菱ディーラーに置いてあるのです。
この三菱ディーラーのエンジンのフラッシングはとても効果があります。

エンジンのフラッシングを行なっていても、エンジンの調子が悪く、トルクが出ない場合もあります。

その場合は、燃料ポンプを交換すると改善する場合があります。
昔三菱は、定期点検の際に燃料ポンプを交換していたこともあったようです。

車の整備履歴にディーラーの方で記載しているかもしれませんので、確認してみると良いでしょう。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ