腕時計の電池交換DIYと、裏蓋の閉め方

腕時計の電池交換DIYと、裏蓋の閉め方

腕時計の電池交換はお金がかかりますよね。
電池代と手数料を含めて、合計1,000円ほどかかってしまう場合もあります。


そんな時、自分で・DIYで電池交換できたらいいと思いませんか?

自分で電池交換すると時計に愛着もわきますし、電池代だけで済むことになります。


また、全国展開しているハードオフなどの店舗が近くにあれば、
新品状態で電池がないだけの時計を安く売っている場合があります。

私は、ベルトも時計本体もキレイな新品の時計(ただし電池切れ)を、1本100円でまとめ買いしてくることがあります。
そして電池を交換するだけで、新品できちんと動く時計を手に入れることになります。


自分で時計の電池を交換する時に、必ず必要なのが腕時計裏蓋こじ開け です。

マイナスドライバーなどでこじって開ける方もいますが、裏蓋を傷つけることになりますし、
手が滑った場合はとても危険です。

また、すこし高めの時計だと、蓋の隙間が少ないので上記の専門工具が必要になります。

時計の裏蓋を外したら、電池を交換しましょう。


外した裏蓋をはめ込んで終了です。

はめ込む時は、切欠きに注意しましょう。
時計を合わせるつまみ(竜頭)を痛めてしまう場合もあります。

はめ込む時も、作りがしっかりした時計だとはめにくい場合があります。

そんな場合は、時計裏蓋閉め器を使ってみましょう。

サンドイッチする形で、とても簡単に・安全に裏蓋を閉めることができます。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ