シニア世代の老後の生活に合わせたリフォーム

シニア世代の老後の生活に合わせたリフォーム

シニア世代の老後の生活に合わせたリフォーム

家は、住んでいる人の生活スタイルに合わせて変化していくのが理想的です。

例えば結婚した当初は2人だけのこじんまりした家でも満足できるでしょう。
しかし子どもが生まれるとすこし手狭になってくることもあるかもしれません。
子どもが独立し、趣味の時間などが増えると自分だけの部屋が欲しくなるかもしれません。

このように住まいは時間とともに変化していくものです。

また、重要なこととして、自分や相手の体調に合わせたリフォームをしていくことも必要になってきます。

バリアフリーは将来への備えともなります。
また、65歳以上の転倒事故の半数は家の中で起きているという統計があります。
ですから、老後に備えたリフォームを早めにしておくことは大切です。

老後に備えるリフォームには次のようなものがあります。

開きドアから引き戸に変えることによって、少ない力で開閉できるようにする。
階段の勾配を緩やかにし、転倒を防止する。
床の段差をなくし、つまずき事故を防止する。
壁や階段に手すりをつけ、体を支えられるようにしておく。
雨戸をアルミ製に変えることによって、少ない力でも楽に開閉できるようにする。
家の断熱性を高める。
部屋の温度差を解消して、ヒートショックによる事故を防止する。
石油暖房機器を電気に変更し、火災を防止する。
急に体調が悪くなった時に備えて、担架が通れる動線を確保する。
介護が必要になった時のために、間取りをすぐにへんこうできるようにしておく。

また、そのほかにも、お互いが心地良い距離感で暮らせる二世帯住宅へのリフォームも有効でしょう。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ