シニア世代の腰痛

シニア世代の腰痛

腰の痛みについては椎間板ヘルニアもごらん下さい。


腰痛は身近な病気の代表的なものではないでしょうか。

人間の約8割は、生きている間に何らかの腰の痛みを経験すると言われています。

しかし、腰は体の中心でもあり腰痛があると活動がかなり制限されてしまいます。
しかも腰痛の原因は一つではなく、複数の場合が多いので適切な治療法を見つけるのが難しい場合もあります。

痛みがあるために、患部をかばった動きをしてしまい痛みの悪循環を経験することもあります。


では腰痛の原因は何でしょうか。

外科的な要因で腰痛が引き起こされている場合もあります。
その場合は病院で適切な診断を受けた後に、外科的な原因を取り除く必要があります。

さらに内蔵の病気が原因で、腰に痛みが出てくる場合もあります。

さらにストレスを感じているために、そのストレスが腰の痛みに現れる場合もあるでしょう。


腰痛の原因を取り除く他に予防として何ができるのでしょうか。

例えば、正しい姿勢を意識して生活することが大切です。
姿勢によっては、腰に負担がかかるようになります。
座っている状態は腰にとっては負担になります。

ですから、仕事や旅行などで長時間座らなければいけない時には、適度な運動を間に入れることなどを心がけましょう。

さらに筋力をつけることも大切です。

腰にかかる負担を抑えるためには、背筋などの体の筋肉を鍛えることが良いでしょう。
体の筋力によって、腰の負担を軽減することができます。

しかし体の筋力のバランスが崩れても痛みの元となります。

特定の筋肉だけを鍛えるのではなく、体全体のバランスを見ながら鍛えるようにしていきましょう。


太りすぎていることも腰に負担をかける原因となります。
体重も負荷になるわけですから、体重を減らすことによって負荷を抑えることができます。

もちろん筋肉を失わせるほどの過度のダイエットは逆効果になります。


何事もバランスよく体を維持していくことが隊切です。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ