シニア世代のテニス肘

シニア世代のテニス肘

シニア世代のテニス肘

シニア世代になると、関節の動きに制限が出てくることがあるかもしれません。


特に関節に関してはテニス肘がよく聞く名前かもしれません。
テニス肘は、正式な名称としては上腕骨外側上顆炎または内側上顆炎というものです。

テニスやゴルフをする人に多く見られる症状です。
ですから、テニス肘またはゴルフ肘と呼ばれることが多くなりました。


しかし、テニスもゴルフもしない、主婦の方がこの症状を発症することがあります。

家事、とくに料理や掃除の場合に腕を使った上下運動が必要です。
この動きがテニスやゴルフと同じような症状につながるわけです。


例えばこんな症状はありませんか?
腕を上げ下げする時に痛みを感じる。
やかんを持ち上げる時に痛い。
買い物袋を持つ時に腕が痛い。

このような症状を感じていても、休むわけにはいかないのが家事の辛いところです。

そのようにして無理をして家事を続けてしまい、結果として書状を悪化させてしまうこともあります。

さらに痛い方の腕をかばってしまうこともあります。
すると、健康な方の腕までも痛めてしまうこともあります。


この家事によるテニス肘の一番の治療法は腕を休めることです。

しかしなかなかそうはいきません。
そんな時少しでも痛みを改善するためにできることがあります。

それは患部を冷やすということです。

また湿布をはるのも有効な症状を抑える方法です。

また、テニス肘用のサポーターもおすすめです。
サポーターをすると、ちょうど痛い部分の患部の動きが抑制され、だいぶ痛みが軽減されるようです。


また物の持ち方を変えてみるのも有効です。
いつも右手で持っているものを、左手に持ち替えてみるのです。

このように少しの動作に気をつけるだけで、症状を緩和できますし予防ともなります。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ