夏の汗とスキンケアに役立つ3つのポイント

夏の汗とスキンケアに役立つ3つのポイント

夏は汗をかくものです。

エアコンをつけているとはいえ、節電の続く夏ですから室内でも暑さを感じることがあるかもしれません。
また、一歩外に出ればギラギラした日差しで汗がだらだら落ちてきます。

そこで気になるのが汗とお肌の関係です。

どうすれば汗でお肌をいためないようにできるのでしょうか?
今回は幾つかのポイントをご紹介します。

お肌をこすらないようにする

自分は肌をこすっていませんよ~という方でも知らず知らずにこするような洗い方をしていると言われています。

肌をこすってしまうと、もともと人間に備わっている自前の天然成分をこすり落としてしまうことになります。
洗ってさっぱりしたものの、保湿成分がなくなっていると本末転倒ですよね。

ですから、お肌をこすらないようにして保湿成分を保つようにしましょう。

汗を早めに拭き取る

汗をかいている肌の表面は、ふやけている状態になっています。
そのようなふやけている状態は、ダメージを受けやすい状態でもあります。

ですから汗をかいたら早めに拭きとるようにして、ダメージを受けやすい状態を短くすることが大切です。

もちろん、拭き取る場合も肌をこすらないようにしてくださいね。

清潔なタオルやハンカチを使う

汗を拭き取るハンカチやタオルは清潔なものを使うようにしましょう。

拭いても拭いても汗が流れてくるという状況もあります。
ですから、ハンカチやタオルを複数枚持つようにして、いつも清潔な面で拭けるようにしておきましょう。

清潔なタオルやハンカチを使うことで、お肌に不必要な刺激を与えないですみます。


このように汗が出るのは人間の自然な反応であり、老廃物を排出してくれることにもなります。
しかし、汗を拭き取るときにはお肌に気を使ってあげましょう。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ