シニア世代の毛染め

シニア世代の毛染め

髪の毛の色の悩みはどの年代でも共通のものです。

しかし年齢を重ねていくにつれ、髪の毛の色が気になる人も増えてくるのではないでしょうか。

毛染めは簡単に色がつきますが、いろいろ困ることもあります。
例えば、髪の毛は日々成長していますから生え際の色が違ってくる場合もありますよね。

黒い色に染めたために、見た目は黒い髪でも生え際が白くなったりすることもあります。

毛染めに関してもいろいろな捉え方がありますよね。
例えば、染める必要はないと考える人もいます。
人間はだれでも年を重ねるのだから、髪の毛を無理して染めようとせずありのままでいいじゃないかという考え方です。

確かに人の美しさは内面からにじみ出てくるものです。
品のある美しさ・内面の美しさは誰もが理想とする事柄ではないでしょうか。

一方、いつまでも若々しくいたいという考え方もあります。

外面が若々しいと、気持ちまで若返る気がするかもしれません。
気持ちが若いと、行動がアクティブになり、積極的に活動できるようになるかもしれません。

サミュエル・ウルマンという、アメリカの実業家がいます。
そのウルマンが記した「青春」という詩は、マッカーサー元帥も座右の銘として執務室に掲げていました。

青春
人間は年齢を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。
歳月は人間の皮膚に皺を刻むが情熱の消失は心に皺を作る。
悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。

人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。
自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。
自然や神(唯一神)や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ。
感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。
そのような人は神のあわれみを乞うしかない。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ