過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)

少し前に、過敏性腸症候群(IBS)についてのCMが流れ、この病気について知った方も多いかもしれません。

過敏性腸症候群(IBS)は診断するのが難しい病気と言われてきました。

過敏性腸症候群(IBS)はおもに大腸・小腸の運動異常で起こる病気のことです。
突然の下痢や、常に下腹部が張っているような感覚を覚えますが、
検査をしてみると、炎症や潰瘍など異常がないのも特徴です。

急にトイレに行きたくなるので、つい外出を控えがちになってしまうこともあります。


過敏性腸症候群(IBS)について知るには、まずストレスについて知る必要があります。

ストレスには良いストレスと悪いストレスがあります。
ある程度のストレスが無いと、人間は生きていくことができません。

例えば、自分が道路を横断しているところを想像してみてください。
道の真ん中ほどまで渡ると、道路の向こうから大型トラックが猛スピードで近づいてきます。
危険を感じて急ぎ足で渡り終えるのではないでしょうか。

この時、危険を感じるのがストレスです。
言い換えると、ストレスを感じなければ危険を回避することは難しくなるのです。


このように良いストレスは生きていくのに不可欠ですが、
ストレスを感じ続けているとそれは悪影響を及ぼす悪いストレスとなってきます。

これが慢性的なストレスです。
人間関係の問題や、仕事の問題などは長引くことが多いですから、慢性的なストレスを感じ続けることになります。


ではどのようにストレスを軽減できるのでしょうか。
ストレスの軽減は、過敏性腸症候群(IBS)の症状緩和にも役立ちます。


まずは、ストレスを過度に避けようとせず、自分に自身を持つことです。
そのようにストレスに対処していけば、自身も深まっていくことでしょう。

さらにストレスを吐き出すことも大切です。

話を聞いてくれる人を見つけたり、趣味で発散できるとよいでしょう。

適度な休息や睡眠も必要です。


過敏性腸症候群(IBS)は、細やかな気遣いができる人がなりやすい病気でもあります。

そんな優しいあなたは、病気ともうまく付き合い症状を軽くすることができるでしょう。


サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ