シニア世代の膝の痛みと、ヒアルロン酸・コンドロイチンの効果

シニア世代の膝の痛みと、ヒアルロン酸・コンドロイチンの効果

シニア世代の膝の痛みとコンドロイチン

年齢を重ねてくると共に膝の痛みが増えているかもしれません。

例えば、階段の登り下りが辛くなるかもしれません。
さらに長い距離を歩くのが辛い・・
正座をすると痛い・・

そんな症状はありませんか?

膝が痛いと、どうしても膝をいたわるためにあまり動かなくなります。
そのため外に出ることも少なくなり、行動範囲が狭まることもあります。
家にこもるようになってしまうと、気持ちの面でもふさいでしまうかもしれません。

そんな時、テレビのCMでヒアルロン酸やコンドロイチンの宣伝をしているかもしれません。
ついわらにでもすがる思いで、商品を購入したくなります。

しかしヒアルロン酸やコンドロイチンは実際に効果があるのでしょうか。
ヒアルロン酸やコンドロイチンの効果や効用についてはいろいろな意見があります。

口から飲んだものが、膝に集中して集まるというのは考えられないという先生もいます。
ヒアルロン酸やコンドロイチンは体中に吸収されますから、痛いところに効いてくれるかは疑問が残るところかもしれません。

しかしその一方、ヒアルロン酸やコンドロイチンは確実に効果があるとする先生もいます。
実際にヒアルロン酸やコンドロイチンを飲むことによって、症状が改善されたという患者さんもいます。

これらのことを考えると、ヒアルロン酸やコンドロイチンの効果はまだ分からない面があります。
ですから高いお金をサプリメントにかけることよりも、運動によって足の筋力をつけることもおすすめです。

膝の痛みを軽減するには、太ももの筋肉を増強すると膝の負担を軽減することができます。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ