シニア世代の飛蚊症

シニア世代の飛蚊症

シニア世代の飛蚊症

年齢を重ねてくると、目に関する悩みが増えてくるかもしれません。
目の悩みはいろいろありますが、飛蚊症という病気は多くの人が経験します。

●飛蚊症の症状
飛蚊症の主な症状としては、視界の中に小さな浮遊物が飛んでいるように見えます。
浮かんでいる浮遊物のような物の形は様々です。

糸状のものがふわふわ漂っているように見えることもあります。
また、小さな粒や丸い輪のように見えることもあります。
半透明のものが漂っているように見えることもあります。

これらの浮遊物が邪魔に見えるため、視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してきます。
目をこすっても変化がありません。

いったん気になると、関心がそこに行ってしまい、気にし続けることになります。


●飛蚊症の原因 生理的飛蚊症

飛蚊症の原因には様々ありますが、緊急度が低いものは生理的飛蚊症と呼ばれることがあります。

先生の中には、老化やストレスなどによるものですから気にしないでくださいと言われることもあります。

この場合はあまり気にする必要はないでしょう。

しかし、さらに別の原因による飛蚊症の場合もあります。


●飛蚊症の原因 他の病気が隠れている場合

飛蚊症の原因として、後部硝子体剥離や網膜裂孔などの病気が隠れている場合があります。

この場合は、迅速に眼科に行って診察してもらいましょう。

目には、光を感じる硝子体があります。
この硝子体が変質して、硝子体の繊維組織が壊れることがあります。
この硝子体の繊維組織が壊れる時に、血管が破れるため出血が起こります。

この出血のために飛蚊症が起こります。
目の前に見えている浮遊体が急激に増えるなどしたらすぐに病院に行きましょう。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ