シニア世代の手荒れと湿疹

手荒れと湿疹

シニア世代になると、肌の保湿にも気を使うのではないでしょうか。

特に水仕事をすると肌の乾燥も気になるようになります。
冬にかけての乾燥も気になることがあります。

そして手の湿疹や乾燥を感じるようになります。

これは、毎日のように洗剤やせっけんを使うために手の表面の脂分がなくなっている状態です。

手の表面の脂分は手を保護するカバーの役割を持っています。
この脂分によるカバーがないために、受ける刺激が強くなっている状態です。

この手荒れの原因には主にこのようなものが考えられます。

●洗剤やせっけんを使う量が多く、使う時間も多い
●脂分を落とす強い洗剤を使っている
●水を使った後、ハンドクリームなどで保湿しない。
●頻繁にシャンプーを使う。

これらの事がおおいなら要注意です。


しかし手荒れや湿疹は適切な方法で予防することが可能になります。

しかし水仕事をやめることはできませんよね。
ですからできるだけ予防しましょう。

予防には保湿することが大切です。

●お湯の温度をなるべく低くして、お湯を使う。
●保湿剤やハンドクリームを使う。
●食器を洗う前に汚れを拭き取り、洗剤を少なくする。
●食器をつけおきしておき、洗剤を減らす。
●ゴム手袋を使う。

このような対策ができます。

体の脂分を失うのは、主に脂分を分解する洗剤のせいです。

ですから洗剤をなるべく使わないようにすれば、手荒れの予防となります。

さらに、ハンドクリームなどでこまめに保湿するように心がけましょう。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ