白内障にレーシック

白内障にレーシック

これまで、白内障治療のためのレーシックは慎重な眼科が多かったようです。

しかし、現在ではレーシックの技術も向上し白内障治療も可能になりました。


白内障のレーシックを考える前に、白内障とはどういう症状かを知る必要があります。

加齢とともに水晶体の調整力が押した状態が老眼です。
水晶体の透明度が落ち、着色による視力低下が見られる状態が白内障の状態です。

このような水晶体の状態を改善するために、レーシック手術を行います。

レーシック手術によって、にごった水晶体を人工のレンズに入れ替えます。
このような人工レンズ入れ替えの手術の歴史は古く、1970年代から行われてきました。

さらに手術の制度を高めるために技術の開発が続けられてきました。
屈折率などの誤差を少なくすること・乱視の軽減なども行われています。


白内障の手術の後に、さらに裸眼でも見えるという期待も持つことができます。

例えば、白内障に対しては白内障の手術を行った後、
残った近視や乱視・遠視をレーシックによって解消する方法もあります。


このようなレーシックですが、費用がかかるのではないかという心配があるかもしれません。

そんな時におすすめなのは、レーシックのモニターです。

白内障のレーシックを行なっている眼科の中に品川近視クリニックがあります。

このようなレーシックモニターは、モニターに応募することによって、手術代金が無料または割引されるものです。

もちろんモニターといっても、手術の質が落ちることはありません。
病院の評判のためにも、しっかりとした手術を行うことが考えられます。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ