視力低下を予防するには

視力低下を予防するには

視力低下を予防するには

最近視力が低下してきた気がする・・・
そういえばパソコンのやり過ぎや、本の読み過ぎかも・・

そんな心当たりはありませんか。

このページでは視力低下を予防するためのコツをご紹介します。


●目を温める

疲れ目の時はどうしても冷やしてしまうのではないでしょうか。

実際ひんやりしたタオルなどをのせるとクールダウンできてとても気持ち良いですよね。

しかし実は目を温めるほうが、疲労回復には良いのです。

これは、目の周りを温めることによって、目の周りの毛細血管を刺激し血行を良くすることができるからです。

そもそも疲れ目は、目の周りの筋肉が固まることも原因の1つです。
肩こりと同じく血行不良によってコリのような状態になるわけです。

そこで温めることによって血行をよくしていくことができます。


目にかゆみがある時は、炎症を抑えるために冷やしたほうが良いでしょう。

しかし疲れ目の時は暖めたほうが効果てきめんです。


●視力回復手術
現在は医療が発達し、安全な方法で視力回復のための手術が行えるようになりました。

そのようなレーシックを検討してみることもおすすめです。
評判の良いレーシック眼科はこちらから。


●目を休める

現代ではパソコンを使う機会が増えましたが、このパソコンが疲れ目の原因となります。

だいたい4時間で視力が低下する仮性近視の状態になると言われています。

この仮性近視の状態から回復するには、15分の視力回復で良いのです。

さらにはパソコンの画面を少し暗くするという方法も有効です。
標準状態では画面が明るすぎ、ギラギラした状態となっています。

さらに液晶もつるつるのグレア液晶が一般的ですから、目にとってはまぶしすぎる状態です。

すこし明るさを落としてあげるだけでも目に負担がかからず、快適なパソコン作業ができるようです。


サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ