シニア世代の眼精疲労

シニア世代の眼精疲労

目がしょぼしょぼする・・・
眼の奥が痛くて、頭もひびくような気がする・・・

それは眼精疲労の症状です。

また目の疲れによって、吐き気がする場合もあります。

また、たいていは疲れ目になると睡眠をとることによって、翌朝にはすっきりしています。
しかし睡眠をとっても回復しない場合、それは眼精疲労の症状かもしれません。

ではなぜ眼精疲労の症状が出てくるのでしょうか。

現代は、目を酷使せざるをえない状況が多いためです。
パソコンやテレビの画面を見すぎているために、どうしても目を使いすぎてしまうのです。

また、めがねがあっていないということもあります。
見えないめがねで、見えにくいものを無理して見ているということもあります。


で眼精疲労を防止するためにはどうすればよいのでしょうか。

やはり目を酷使し過ぎないことが一番です。
疲れを感じる前から、こまめな休息をとるようにしましょう。

また、目に疲れを感じたら目のまわりをマッサージすることも効果があります。
ただし、眼球自体を押さえないようにしましょう。
最悪の場合、網膜剥離を引き起こす場合があります。

また、暖かいおしぼりで目の周りを温めることも効果があります。
ふきんをぬらした後、電子レンジでチンすると即席のおしぼりが作れます。

おしぼりの蒸気が、目にとても良く効きます。

さらに、目薬も使ってみるとよいでしょう。
うるおいを保つ目薬もありますから、いろいろと目薬をためしてみるのも良いでしょう。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ