シニア世代のコンタクトレンズ選び

シニア世代のコンタクトレンズ選び

シニア世代のコンタクトレンズ選び

年齢を重ねていくにつれて、目に関する悩みが出てくるのではないでしょうか。

今現在コンタクトレンズを使っている人の中には、若い頃からのコンタクトレンズ使いの方も多いかもしれません。

今のコンタクトレンズとは違い、昔のコンタクトレンズは使い捨てのレンズではありませんでした。
何度も使用し、一週間に一度ほど煮沸消毒をしながら使っていたものでした。

現在ではMPSというソフトコンタクトレンズ洗浄液が主流になっています。
MPSとは、マルチ・パーパス・ソリューションの頭文字を取ったもので、
ソフトコンタクトレンズの洗浄、すすぎ、保存、消毒を1液で行うことのできる消毒液です。

このMPSによって、コンタクトレンズの管理がとても楽になりました。

しかしいくら丁寧に管理していてもコンタクトレンズは消耗品ですから、汚れがついてしまいます。

一度タンパク質がついてしまうとなかなか落ちにくく、それとともに酸素透過率も下がり目がしょぼしょぼしてくるようになります。

こうなるとコンタクトレンズそのものを交換しなければなりません。


現在の主流は、使い捨てのコンタクトレンズがほとんどです。
一日使い捨てのもの・一週間使い捨てのもの・二週間使い捨てのものなどいろいろです。

使い捨てタイプではないものも販売していますが、それも寿命は一年間です。

コンタクトレンズは、心臓ペースメーカーと同じ重要レベルの高度医療機器です。
目にとっては異物ですから、いつ病気になってもおかしくないのです。

ですから清潔なコンタクトレンズを装着すること、目の定期健診を受け早めに目の疾患を見つけることが大切だと言えるでしょう。


関連ページ:シニア世代の飛蚊症

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

ホーム

最新

健康

カスタムカー

観光

テクノロジー

ライフ